商品を販売する目的がないなら無料で十分!

ホームページの作成と公開後にすることとは?

ホームページの作成では、まずHTMLファイルなどのホームページデータを作成します。その後にドメインを取得してサーバーもレンタルし、出来上がったホームページ(以下、サイトといいます。)を公開すれば作成は概ね完了です。その後に行うことは、出来上がったサイトをより多く人に知ってもらうための作業、所謂SEO対策です。サイトをただ公開するだけでは、中々人目につきません。そこでサイトの運営者が、SNSなどを利用してサイトの存在をアピールします。SNSで紹介する際にサイトのURLも一緒に掲載すれば、そのリンクから直接サイトにたどり着くことができます。しかし手作業でサイトを周知するには、かなりの労力が必要となり効率的ではないです。商品の販売などの商用目的ではないサイトなら以上のやり方でも気長に行えば良いですが、そう長く続けられるものでないことは明らかです。

もっと効率的にホームページ(サイト)を周知するには?

公開したサイトを手作業で周知するには限界があるので、できるだけ自動化をします。そこでSNSの自動発信機能を利用します。これなら定期投稿や予約投稿も自動化でき、しかも簡単で無料で行えます。サイトの紹介文を予め作成し、これを定期的に発信するだけで良いのです。もう一つはインターネットの検索エンジンを利用する方法です。サイト管理ツールというものがあり、これに作成したサイトのアドレスなどを登録すると、利用者がインターネットで検索する際に、その検索結果の上位にサイトの情報を表示してくれるという優れものです。ただサイトを公開するよりも、ずっと利用者の目につき易くなります。この他にもサイトの内容をわかりやすく伝えるサイトマップ機能があり、これらはすべて無料で、サイトを周知する方法として使わない手はありません。無料でも十分SEO対策ができるので、これらを使い折角作ったホームページを多くの利用者に見てもらいましょう。