目的に応じた適切な使い分けを!

なんでも有料サーバーだとコスパの問題が生じる

サーバーはいつまでも安定して運営されるとは限りません。廃業したホスティングサービスも多く、その中には廃業することを告げずにある日突然、サーバーが停止してしまったところあります。そのサーバーを利用していたホームページ運営者は、ほかのサーバーに移転するにしてもホームページのファイルをダウンロードできず、かなり困ったことになったでしょう。
有料かつ大手のレンタルサーバーを利用すれば、そういった事態に見舞われる可能性は少ないはずです。ただ、どんなホームページを運用するにしても有料サーバーを選択すると、今度はコストパフォーマンスの問題が出てきます。ホームページの内容に合わせて、有料サーバーと無料サーバーを使い分けた方がお得といえるでしょう。

公的なものは有料、一時的なものや趣味のページは無料サーバーで

ではどういった基準で振り分ければいいのかというと、まずオフィシャルサイトなど公式的なページ、広告を載せていたり、商品を販売しているなど利益が発生するページは有料サーバーで運営すべきです。オフィシャルサイトがいきなり消えてしまったら、会社や個人の信用問題にかかわりますし、利益が発生するページが表示されなくなったら収入が得られません。
一方、一時的にアンケートを募集するためのページ、趣味のブログなどは無料サーバーで運用しても特に問題ないでしょう。ブログは無料のレンタルブログサービスという形でも提供されており、そういったサービスを利用した方がアクセスが得やすく、メンテナンスも楽というメリットがあります。